ウーマン

土壌汚染調査で建築大成功|大きなリスクを回避しよう

土地の地質に注意

工事現場

建物を建てる場合は、土地の地質には要注意です。事前に地質調査を行なうようにしましょう。それによって確実に建築を進めていけます。地質調査をしっかり行なってくれる業者に依頼しましょう。

もっと読む

徹底的に調査

模型

一見して何の問題もなさそうな土地でも、目には見えない部分で異常がある場合も少なくありません。ビルなどを立てる際には、まずは建築場所となる土地を購入する必要がありますが、その際には様々な条件を基準にしてベストな土地を購入したいものでしょう。周辺の環境の良さを見る他に、土地の地質が汚染されていないか、土壌汚染調査を行なうことも重要です。事前に土壌汚染調査を行なうことによって、ビルの建築中に汚染が見つかって計画が台無しになってしまうといったリスクを事前になくすことができるのです。土壌汚染調査が必要な土地は、何かしらの建築物を取り壊して更地にした土地などでしょう。問題は以前どのようなことを行なう建物だったのかという点です。跡地が元は工場だったり、病院だったりした場合は土壌が汚染されている可能性は非常に高いので、用心しましょう。

購入した土地に飲食店などが含まれる商業施設を建築する場合は特に土壌汚染調査は必要になってくるでしょう。食品を取り扱う場所であれば、人が大勢出入りするということでもあります。汚染さている環境でビジネスを行なうと後から必ず大きな問題になり大きなリスクを背負うことになります。土壌汚染調査は土地を所有している不動産会社に希望することで行なます。提携している業者が汚染のリスクがあるかをしっかりと調べてくれるでしょう。不動産会社の中には、以前工場などの汚染される可能性があった建築物が建てられていたことを事前に報告してくれないところもあります。注意しましょう。

地盤の傾き

工事

住宅を建築する場合は事前に地盤調査をしっかり行なうようにしましょう。大雨や地震によって起きる様々な問題を事前に防ぐことになります。地盤は自然災害と密接に関係し合っているのです。

もっと読む

防火対策の意識

作業者

火災が発生した時に逃げ遅れが発生しないためにも、防火対象物点検は必要な作業です。避難経路を清掃をしたり、問題が起きていないか管理をしておくことは義務と言って良いでしょう。

もっと読む